FC2ブログ
恋愛っていいよね!
「こうちゃん」の現在進行形の恋愛日記と、今まで体験してきた恋愛の想い出日記です。 読んだ感想を、是非、聞かせてください。 既婚者だけど恋愛っていいよね?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひろみと○○セックス 3 携帯の向こうで・・・・

俺はひろみに携帯をかけた。
2,3回コールがしたら、ひろみが電話に出た。

「・・・・・・(ゴソゴソ)・・・・」

「ひろみ?」

しばらく無言だと思ったが、よく耳をすませてみると・・・

「・・・・クチュ・・・・クチュ・・・・クチュ・・・・」

携帯の向こうでいやらしい音が響いていた。
そう、ひろみはもう我慢ができず、自分で濡れているオマンコをいじり始まっていた。
そしてその音を俺に聞かせてくれた。

「こうちゃん・・・・きこえた?」

「うん、よく聞こえたよ。ひろみのオマンコはもうそんなになっているんだね。」

「だって、こうちゃんがエッチなメールいっぱいくれるから・・・・」

「メールだけでいろんなこと思い出したり、想像しちゃったんでしょう?」

「うん・・・」

「本当にエッチだね。ひろみは・・・」

「こうちゃんのほうがエッチだよ・・・」

「こうちゃんが、いつもひろみのことこんなにしちゃうんだから・・・・」

「こんなにしちゃうって、ひろみはどんな風になっちゃうの?」

「イジワル・・・・さっき・・・聞いたじゃない」

ひろみの声が明らかに荒立ってきているのを電話で感じ取れた。



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ

テーマ:えっちなこと - ジャンル:恋愛

ひろみと○○セックス 2 濡れてきちゃった
(ベットの中でひろみを感じさせて欲しいの)
そうやってエッチなメールがはじまった。
(この話の続き)

(この前のセックスは感じちゃった?)

(感じたよ。よかった。)

(すごく濡れていたもんね)

(あれは、こうちゃんが触るから)

(触ったときはもう溢れていたよ)

(そんなことないよー)

(そうだよー。今だってメールしながら、思い出して濡れちゃっているんでしょ?)

(そんなことないよ。たぶん・・・)

(触って確かめてみてよ)

(こうチャン・・・・濡れてるよ)

(そうでしょう?ひろみは濡れやすいからね。)

(だって、エッチなメールしてくるから)

(ひろみの濡れている音・・・聞きたいな)

(・・・ウン。聞いて、電話して。)

俺はひろみへ電話した。



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ

テーマ:せつない。さびしい。恋しくて。 - ジャンル:恋愛

ひろみと○○セックス 1 メールからはじまる
ひろみとは遠距離だったためになかなか逢うことはできなかった。

時々メールをしながら、お互いの都合の合うときを探していた。
メールでは今までのセックスの話をして、
どんなことが感じたとか、
どんな風にしたら濡れてきたとか、
今度あったときはどんなふうに愛して欲しいか
そんなやり取りをしていた。

ある日の夜。

(今夜は旦那が仕事で遅いんだ)

そんなメールから始まった。

(じゃあ、今夜はゆっくりとメールできるね)

(うん、12時過ぎまでOKダヨ)

(メールじゃなくて早く逢いたいね)

(早くひろみに逢いにきて)

(逢いに行くだけでいいのかい?)

ひろみもMなので、チョット意地悪な返事を返してみた。

(はやくひろみを愛して)

どうもメールだと恥ずかしさがないのか、素直な返事だった。

(どう、愛して欲しいんだい?)

やっぱり、虐めたくてしょうがない私(笑

(この前のように・・・・)

(この前ってどんな風に?)

(ベットの中でひろみを感じさせて欲しいの)

そうやってエッチなメールがはじまった。



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ

テーマ:せつない。さびしい。恋しくて。 - ジャンル:恋愛

思いっきり野外 6 立ちバックで


「こうちゃんのおチンチンを、みはるのオマンコにちょうだい」
(この話の続きだよ)

そうみはるが言い終わるのと同時に、
みはるの中に、挿入した。

「クゥッ・・・・」

みはるは軽く背中をのけぞらせて、声を出した。

クチュクチュクチュ・・・・

もう、たっぷりとジュースがあふれてきていたので
ゆっくりと腰を動かすだけでも、いやらしい音が響いた。

みはるの中は、熱かった。

「こうちゃん・・・モゥ・・・・・」

そういって、みはるはさらにお尻を突き上げた。
そして

「イクゥッ・・・・」

あっという間にいってしまった。
腰の動きを止め、みはるの中の感触を俺は楽しんだ。

「ハァ・・ハァ・・・ハァ・・・」

激しい息遣いをしながら
みはるのオマンコの中は、グニュグニュと動き続けている

「みはる・・・すごく締め付けているよ」

そういうと、みはるはまた感じ出した。
自ら腰を振ってくる。
俺も突きかえした。

立ちバックでつながっている俺たちの横を
時々車が走り抜けていく。
暗い道にヘットライトが照らされるたびに
ドキドキしたが
でも、二人ともセックスは止まらなかった。

そして、一緒に果てた。

その後しばらく抱き合って、ずっとキスをしていた。



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ

テーマ:えっちなこと - ジャンル:恋愛

思いっきり野外 5 フェラチオの後には


うつろな表情でみはるはそう答えた。
(この話の続きだよ)

実は、みはるのフェラチオで、俺も我慢できなくなっていた。
みはるを後ろむきにさせて
車のトランクに両手をつかさせた。

「もっとお尻を突き出せよ」

そういうと、みはるは背伸びして目いっぱい
俺のほうへお尻を突き出した。
(ねぇ・・はやく・・・ねぇ・・・)
そう、問いかけられているようだった。

しかし、おれは勃起したチンチンで割れ目をなぞるだけだった。
みはるはお尻を動かしながら、オマンコへ誘導しようとしていた。
俺は意地悪に、濡れているところをチンチンの先でなぞるだけだった。

「モゥ・・・・おねがぁい・・・・ハヤクゥ・・・・」

みはるは声に出しておねだりをした。

「何がお願いなの?」

いつものいじめが始まった。

「早く・・・入れて」

野外で薄暗い空の下である。
そんなところでこの発言に興奮した。

「何を入れてほしいの?」

もう定番にじらしかただった。

「こうちゃんの・・・・・チンチン」

もう欲しくてたまらなくなっていたみはるは、
はっきりとおねだりをしてきた。

「みはる、どこに欲しいの?」

「みはるの・・オマンコにちょうだい。」

車に両手を付いて、
お尻を突き出して、
腰をいやらしく動かしながら
みはるは続けて、はっきりとこう言った。

「こうちゃんのおチンチンを、みはるのオマンコにちょうだい」



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ

テーマ:エロチックに愛し合いたい~♪ - ジャンル:恋愛

思いっきり野外 4 フェラチオも・・・・
そういってみはるはキスをやめて俺の前でしゃがんだ。
(この話の続きだよ)

下ろしたズボンのファスナーから勃起したペニスがそそり立っていた。

「こんなに大きくなって・・・・・」

しゃがんだみはるは目の前に俺のペニスの先にキスをした。
そしてゆっくりと口に含んでいった。
俺のペニスはだんだんと生温かいものにくるまれていった。

「外なのに・・・みはる大胆だよ。」

みはるの髪を撫でながら、おれはフェラチオを堪能していた。
時々となりの道路は車が通り過ぎていく。
それでもお構いなしに、みはるのおしゃぶりは続いた。

たっぷりと舐めた後に、みはるはペニスから口を離し
下から俺の顔を見上げた。
その顔はうっとりとしており
うっすらと涙目をしていた。
その表情を見て、みはるが欲しがっていることは俺もよくわかった。
みはるの手を握って、立ち上がらせた。
そのまま抱きしめて、軽いキスをしたあと

「欲しいの?」

わかっているのに、いたずらに聞いた。

「・・・・ゥン・・・・」

うつろな表情でみはるはそう答えた。



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ

テーマ:エロチックに愛し合いたい~♪ - ジャンル:恋愛

思いっきり野外 3 火がついてきちゃった。
みはると俺はそのシュチュエーションに感じ始めていた。
(この話の続きだよ)

しばらく、抱きしめあってキスをしていた。
そのうちお互いの手がいろいろと動き始めた。

おれはみはるのお尻を優しく撫で上げ、
胸に手を回して、服の上から乳房を確認するように
軽く揉んだ。

みはるは、両手で俺のズボンの上から大きくなった股間を撫でていた。

舌を絡めあいディープキス。
ときどき車が横の道路を通り過ぎていくが
俺たちはお構いなしでキスを続け
まさぐりあった。

俺はみはるのシャツの中へ手をいれ
ブラの上から揉んだ。
そしてブラをずらして
乳首を軽くつまむと、
みはるの体は「ピクン」と反応した。

みはるの手が俺のズボンのファスナーにかかった。
ゆっくりとファスナーをおろし
その中に手を入れ
ブリーフの上から、勃起した形を確認するように撫で、
そしてブリーフの中へ、みはるの手はすすんでいった。
ブリーフをずらして、ズボンの外へ
勃起したチン〇ンをだした。

「もう、、、こんなに大きくなってるよ」

そういってみはるはキスをやめて俺の前でしゃがんだ。



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ
思いっきり野外 2 丸見えだよぉ・・・・
みはるが悩んでいるうちに俺は車を降りて、みはるのいる助手席側へまわった。
(この話の続きだよ)

助手席のドアを開けて、みはるの手を引いた。
みはるがゆっくりと車を降りてきて
そしてそのまま強く抱きしめた。

「抱きしめたかったよー」

「抱きしめるだけ?」

「ウウン」

そういって抱き合ったままキスをした。
みはるの舌を吸い込むようにキスをした。
すると遠くから車の音がした。

「みられちゃうよ?」

「ヘッドライトが当たらなければ分からないよ」

「でも、イヤだよ・・・・」

そう言ってみはるは俺から離れた。
そして近づいていた車は道路を通り過ぎていった。

「じゃあ、こっちにおいで」

俺はみはるの手を引いて
道路からは俺の車が壁になるように、車の後ろのほうに二人で移動した。

「ここならいいだろ?」

「・・・・ウ・・・ウン」

そして再び俺たちは抱きしめあった。
そしてお互いの唇をまさぐりあった。

俺たちが抱き合っている背後には
遠くまで広がる田んぼと
点在している家の明かりが見えるだけだった。

「みはる・・・道路からは見えないけど、後ろからは丸見えだね。」

そういった俺の言葉をふさごうとするように
みはるの唇は俺の口をふさいだ。
再び俺たちは強く抱きしめあって激しいキスをした。

田んぼのほうに誰かいたら丸見えだった。
でも、みはると俺はそのシュチュエーションに感じ始めていた。



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ

テーマ:過去を振り返る - ジャンル:恋愛

思いっきり野外 1 時間がないから・・・
なかなか予定が逢わずあえない日が続いたが、やっとみはるとデートの約束をした。
でも、お互いの都合がつくのが1時間チョット。

「とりあえず逢うだけ逢おうか?」

「そうだね」

そういって待ち合わせをした。

待ち合わせ場所にみはるは車を置いて、俺の車に乗った。

「どこのホテルいこうか?」

「えーーチョットしかいられないから、ホテル代もったいないよぉ・・・」

「そぅ?」

「うん!!」

久しぶりに逢ったのに愛し合えないのかぁ・・・とチョット(いやかなりショック)残念な気持ちになりながら、とりあえず静かな場所へと移動した。
もう日が暮れてあたりは暗くなっていた。

「このへんでいいかい?」

工場の壁と雑木林と田んぼが広がる場所に着いた。
道路から入った壁沿いに車を止めて、手を握りながら話をしていた。
時々車が道路を通りのを眺めながら、その合間にキスもしていた。
キスもだんだんディープになってくると
だんだん股間が大きくなってくる。

「みはるー、外に出て抱きしめていい?」

「えー、イヤだよ・・・車通るよ?」

「じゃあ車来ないときだでさ。」

「うーん・・・・」

みはるが拒否しないときはまんざらでもないことは俺は知っていた。
みはるが悩んでいるうちに俺は車を降りて、みはるのいる助手席側へまわった。



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ

テーマ:どうしたらいいの? - ジャンル:恋愛

ひろみのはじめての浮気 5 女の子って・・・・
「こうちゃん・・・モット・・・モット」
(この話の続きだよ)

仰向けになっているひろみの両手を
押さえつけるようにして
俺は腰を突きまくった。


「ひろみの・・・オマンコ・・・・すごく悦んでいるよ」

「俺のチンチンも・・・悦んでいるよ」

「イヤァ・・・そんなこと言ったら感じちゃうぅ・・・」

「モット・・・・モット・・・・感じさせたいよ」

「やっぱり・・・・こうちゃんの・・・・セックスは最高だよぉ・・・」

「俺もひろみとのセックスの相性バッチリだよ」

「ネェ・・・こうちゃん・・・・・」

「女の子の気持ちって・・・・セックスでいくらでも変るんだよ・・・」

そうひろみは言うと・・・・

「もう・・・・イックゥゥ~~~~」

また絶叫のような喘ぎ声を出してひろみはイッてしまった。

一度別れたカップルだったけど、セックスがよくて浮気のお付き合いがここからはじまった。



↑ここにも楽しいブログがたくさんあるよ

テーマ:* 元彼 * - ジャンル:恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。